モチベーションを保つための3つの方法

前回の記事でやりたい事が決まれば、

後はやるだけかなと思います。

 

とはいえ、どうしても来てしまうんですよね。

 

飽きが。

 

「しばらくやってきたけど最近手が進まないな。」とかあると思います。

今回はこれについて考えていきましょうか。

 

前回の記事もよければ!

夢や目標の持ち方・見つけ方・考え方

 

 

計画を立てる

この場合は、簡単に言うと

「やる気あるうちに先の事まで考える」

って事です。

 

少なからず「やるぞ!」って決めた瞬間ってやる気有りますよね?

その時に行動する日にちとか決めちゃうんですよ。

 

例えば、なにか習い事するとなれば

「何日の何時に予約とろう!」とか、

ブログであれば

「この日にこの内容の記事書こう!」とかね。

 

タイトルだけ決めとくみたいな事しとくといいと思います。

 

もっと言うと、

ブログや動画であれば、ストックを作っておくといい。

 

やる気無い時よりある時の方が作業が進むに決まっています。

完成度も高いでしょう。

 

計画を立てる事のメリットとしてもう1つ補足します。

例えば、

「この日に習い事の予約とったけど何かめんどくさいな。」って思う時がありませんか?

 

でもね、行ったら行ったで何だかんだ楽しいんですよ。

やりたい事なんだから当然ですね。

 

これ、予約取ってなかったら絶対行ってないと思うんですよ。

「予約取ってたから取り敢えず行くか。」

これでも結構続いてしまうと思っています。

 

f:id:DGAME:20190617215747p:plain

 

変化を与える

これは言葉の通りです。 

毎日同じ事を繰り返すから飽きるんですよ。

 

例えば、YouTubeだと

「いつも顔出ししないでゲーム実況撮ってたけど、今度出してみよう!」とか、

「ゲーム実況しかあげてなかったけど、企画動画とか、音楽もやってみようとか。」

ですかね。

 

「この人はこれしかやっちゃいけない」なんてある訳ないでしょ。

 

マックスむらいさんが個人的にはいい例です。

マックスむらいさんは最初、パズドラから有名になって。

モンストでもM4補欠として活躍(?)していたり。

音楽のCDまで出しちゃって。

今ではドッキリ動画で更に人気になってます。

 

これってやってる側もそうだけど、見てる側も変化が無かったら飽きると思うんですよ。

 

マックスむらいさんがパズドラ1本でやってたらパズドラ辞めちゃった人は観ませんよね。

 

「当たり前だろ」って?

それだけ変化を恐れちゃいけないってことだと思います。

 

もう1つ例を上げます。

本当は今回1番伝えたいのはこの事なんですけど。

 

それは会社員の人。

どうしても会社員の人って同じ作業ばかりやることになってしまいます。

 

仕事を与える立場からしたら、

説明する際に分かりやすくする為や、

ミスを極端に減らしたい事から基本的には同じ作業になってしまうのも当然。

 

そして、同じ作業ばかりしてたら嫌になって当然だと思うんですよ。

 

結果、

そこに不満を抱かずに長く会社員を続けると、変化を嫌う頭の硬い人が残っていくと思うんです。

 

一旦手を止めてみる

最後に。もう1つ。

どうしても手が動かない時は、手を止めてしまうのも有りかもしれません。

 

例えば、仕事を例にすると、ひたすらに作業するのでは無く、

一旦作業をやめて残りの作業はなんなのか、ボリューム感はどの位なのか。

 

この整理をしたほうがその先の作業は進みが良くなるでしょう。

 

クリエイティブな作業の場合は、

一旦外に出てみたり、人に会ってみたりすると、僕はアイデアが出るタイプです。

 

まとめ

心にゆとりを持たせる要素って、お金とか、知識とか色々あると思うんですけど、それを作ったり付けたりするのはすぐにできることじゃないと思います。

でも、時間を作る事って比較的すぐに出来ると思うんですよね。

継続する為に、この事も頭の片隅に入れて置いて欲しいと思います。

 

tyuunideradera
  • tyuunideradera
  • 会社員をしながらゲーム実況活動をしています。
    とはいえこのブログは、実況だけに限らず、僕が気になった情報をまとめて更新していく予定です。